5歳あたりで注意

pretty dog

犬猫ちゃんが細菌性膀胱炎になりやすい時期というものがあります。それは5歳あたりの時期。その時期には体力が落ち始め、感染しやすくなり、バイトリルをのませる必要性が出てきます。

常備薬として

dog and cat sleep together

一度、細菌性膀胱炎になってしまうと再発する場合があり、さらに尿道結石になりやすくなってしまうことも考えられます。バイトリルは常備薬として購入しておくと、何かと便利です。

dog has golden fur

細菌性膀胱炎の薬

fancy dog

「家族の健康を考える」というとき、今の時代、私たちは単純に人間の健康だけを考えていればいいというわけではありません。
ペットの犬猫ちゃんを飼っている人たちにとっては、彼らもまた立派な家族の一員。というわけで、人間の健康だけでなく、犬猫の健康も考えるべきなのです。
何と言っても難点は意思疎通ができないところにありますが、やっぱり犬猫も人間と同様、病気になったときにはそのサインがあらわれます。それを逃さずチェックして、きちんと対処する必要があります。たとえば、ここでは細菌性膀胱炎という病気への対処方法を取り上げます。

細菌性膀胱炎というのは、文字通り細菌が原因となって引き起こされる膀胱の炎症です。尿をためておく器官である膀胱が細菌のために炎症を起こし、体に不具合が起こってしまうというものです。膀胱は腎臓につながっているため、腎臓系の病気になってしまうことがあります。また、人間がそうであるように、尿道結石が引き起こされてしまうこともあります。結石と呼ばれるカタマリが尿道につっかえるというかなり痛い病気です。

細菌性膀胱炎を治療し、尿道結石などを予防するためには、適切な薬を使う必要があります。そう、犬猫もまた私たちと同じように、病気にかかったときは薬をのませることで、その病気を治すことができるのです。
バイトリルという薬が、細菌性膀胱炎を治してくれます。
バイトリルは犬猫業界の医療用医薬品ですが、最近では犬猫用医薬品の通販サイトでも扱われています。
ここでは、バイトリルという薬の働きについて、またバイトリルが必要な状況の見極め方について、基本的なことをまとめています。
大事な家族を守るために、ぜひ参考にしてみてください。

のませやすい薬

black dog

バイトリルという薬は、「味が苦い」という特徴を持っており、のむのを嫌がる可能性があります。匂いのついた製品も出ているので、もしどうしても無理な場合は切り替えてみましょう。